店を見つけてもらうためののぼり

見つけにくい店は、せっかく来てくれる客を逃すだけではなく悪評につながり今後の集客にも影響する。のぼりを立てて目立つようにしよう。

のぼりについて語る

店を見つけてもらうためののぼり

店の利益がなかなか上がない、このままでは休業だ…と頭を抱えている自営業の経営者も多くいることでしょう。

不景気の現代、個人経営の飲食店や雑貨店などは広告代にあまり予算をかけられないのが当たり前ですが、お客を増やす為に広告しないといけない、と理想と現実の間で深く頭を抱えることも多く、知恵を絞って行った中途半端な宣伝が、あまり効果を上げないのでは意味がないです。

安くて効果的なコマーシャルを確実に出来るよう広告代理店などの広告のプロの力を借りると参考になりますからオススメで、店を下見した上で各店に合った宣伝方法を提案してくれる事でしょう。

ここで、個人経営の飲食店を例に挙げていくつか実例を見ていきますが、特に多いチラシ制作&投函、駅でのクーポン配布、インターネットのホームページなどに力を入れて店の存在を知ってもらうのは必須で、さらそれに加えてお店の場所の探しやすさは重要です。

なぜならせっかくお客様が広告を見て来てくれたのに店がわかりにくくどこにあるかわからなければ諦めて別店に行ってしまい、しょうがないから別の店にしよう、あそこはわかりづらい、とお客様を逃すだけでなくクレームにもつながる可能性があるからです。

お店の入り口が分かりにくいエリアにあるならば店前に派手な色ののぼりを何本か立てておくと、遠くからでもそこに店があるとわかるので効果的です。

【参考サイト】
日本DM協会