めだつのぼりの起源

昔からのぼりは自分の敷地や勢力を大きく見せるために使われていた。昔は戦場、いまではお店を目立たせる為に効果を発揮している。

のぼりについて語る

めだつのぼりの起源

店を遠くにいる人からも見つ易くするために立てるのぼりは、店前に数本立てるだけでもかなりの宣伝効果が得られる集客率抜群の営業グッズです。

人々の目を引く事で店に入りたい気持ちにさせ、それだけでなく遠くを歩いている人にも「あそこに何かの店があるな」と発見しやすくさせ、店をアピールすることができるとても重要な広告ツールなのです。

売上向上の為にのぼりを立てる経営者は非常に多く、目立つ色ののぼりはさらに目を引きやすい上に、店の名前や人気商品を記載すればどんな店かすぐわかり入りやすい印象になって売り上げアップにつながるのでオススメです。

ですが、あまりたくさん立てすぎると田舎の商店街のようにあか抜けない雰囲気になってしまいますので、ここはセンスを活かして効果的に活用しましょう。

そもそものぼりはかなり昔にさかのぼり、戦国時代から戦で自分の兵や勢力を目立たせるために使用されていたので、よくドラマなどで風にはためくのぼりを高々と掲げ、戦っているシーンを見たこともあるでしょう。

これをすることによって広い平原に自分の仲間が多くいるように見せ、相手をひるませたり、味方を勇気づけたりする効果があるわけですが、ハイテク機器のない昔だからこそのぼりを活かして、武力誇示のために家紋や名前を染めた高いのぼりを掲げる事で自分たちに有利な戦いの流れになるようコントロールしていたのです。

【参考サイト】
日本DM協会