のぼりを大事に使う

のぼりは店を目立たせるために一日中外で頑張ってくれる。きちんとお手入れをし、汚れや損傷から守って長く使いたいものだ。

のぼりについて語る

のぼりを大事に使う

お店をやる人に欠かせない活動は広告活動ですよね。

いかに効率よく店名を広めるか、そのために大好評のチラシ、ホームページ、ポスターなどをフル活用して経営者は宣伝に力を入れますが、一番現場において遠方まで店のアピール出来る物はやはり「のぼり」ですよね。

道を挟んだかなり遠くでものぼりがあれば何かしらの店があることがすぐわかる上、少し近づいて文字さえ見えれば何の店かも一目瞭然なのが大きなメリットです。

業務用のぼり専門店では一般的などのお店でも使える人気のうたい文句から具体的にオリジナルのメニューを染めたものまで幅広くオーダー旗を作ってくれるため便利です。

なお、一日中道沿いに立てられたのぼりは屋の風雨にさらされっぱなしですからとても傷みます。

それを少しでも長く使うためには大事に手入れをすることが大切で新しく作り直すコストも押さえられます。

保管方法に気を付けて大切に長く使い続けられるよう、雨に晒されない軒下に立てる事や、雨で濡れてしまったら洗濯をして風通しの良い場所でしっかりと乾かす事、カビが生えないよう漂白することなどを徹底するだけでのぼりの劣化を防げ、雨の日や風の日に外に出さないだけでも風でビリッと破けるのを防げて長持ちしますよ。

【参考サイト】
日本DM協会